最近、雨の日が続いています。


この梅雨が終わったらすぐ本格的な夏となりますね。


とろける夏には速いテンポと強烈なビートでストレスを解消したほうが良いと思います。


だから今回は低音がいいゼンハイザーのHD630VBのレビューです。


優秀な低音とVariable Bass Boostという独特な機能を持つHD630BV


まずデザインからです。








itinology_Sennheiser_HD630VB

ブルーとシルバーの絡み合わせで涼しさが感じられます。


また、厚いハウジングからは堅固さが感じられます。








itinology_Sennheiser_HD630VB

itinology_Sennheiser_HD630VB


満月のようなCircumauralのイヤーパッドはとても可愛いです。


約2cmの厚さのイヤーパッドはふわふわでにぎやかなカフェでも優秀な防音効果を見せてくれました。








itinology_Sennheiser_HD630VB


ヘッドパッドはイヤーパッドと同じ材質でとても柔らかくてふわふわです。







itinology_Sennheiser_HD630VB

itinology_Sennheiser_HD630VB

itinology_Sennheiser_HD630VB


2関節アームは垂直方向と水平方向に回転し、最大4cmまで延長することができます。


アームを折り畳んで整理すると最後の写真のような形となります。








itinology_Sennheiser_HD630VB


右のハウジングには機能のコントロールのためのボタンとダイヤルがあります。


i/Gは、スマホの4極プラグの配列を変えるボタンです。


iPhoneの場合はi、他のスマホの場合はGにすればいいです。










itinology_Sennheiser_HD630VB


真ん中の円いボタンは再生/停止/FWDREW


三角形のボタンは音量の調節を担当しています。


ダイヤルで低音の調節ができますが、


この機能は以下の音色で後述したいと思います。








itinology_Sennheiser_HD630VB


1.2mの4極ステレオケーブルはマイクを内装しています。


通話に関する機能は右のハウジングのボタンで操作できます。






 

HD630VBの仕様です。


周波数特性

(ヘッドホン) 10~42,000Hz

(マイク) 100~10,000Hz

インピーダンス

23Ω

SPL

114dB (1kHz/1Vrm)

THD

<0.08% (1kHz, 100dB)

Bass Boost

±5dB at 50Hz

ケーブル/プラグ

1.2m / 3.5mm, ストレート型

重量

420g (ケーブル含む)

保証期間

2



 
 





 

HD630VBの音色です。


*音色のレビューは筆者の主観的な判断で行われています。



itinology_Sennheiser_HD630VB


前述したようにHD630VBにはダイヤルを回して低音を調節できる機能があります。




itinology_Sennheiser_HD630VB


Bass Boostを最小にすると上の写真のように少しフラットな音色となります。


そのうえ、相対的に中高音が強調されて開放型ヘッドホンで感じられるヌケの良い音色になります。




itinology_Sennheiser_HD630VB


逆にBass Bosstを最大にすると50Hzあたりの低音が大きく強化されます。


低音を調節しても中高音のボリュームが変わる現象や音がこもる現象はなかったです。


スマホや音楽プレイヤーのイコライザーで低音を強化すると


中高音の音量が減少したり音抜けが悪くなったりすることがありますが、


HD630VBBass Boosterは音量や音抜けの変化がなくてよかったです。




アーティストやミキシング・エンジニアの性向、


または曲の特性によって低音楽器の音量を調節してレコーディングしています。


つまり、色々な曲が1つのプレイヤーに混じっている環境で


特定のアーティストに合わせてイコライザーの低音を調節すると


他の曲の低音が非常に強くなったり弱くなったりする現象が発生してしまいます。


毎回、スマホやプレイヤーを出してイコライザーを調節することはとても面倒だし、


弱い低音は楽しくないし、脳まで振動させる強い低音をそのまま聞くことも難しいです。


このような場合にスマホやプレイヤーをポケットから出さずに


目を閉じたままでも操作できる低音ダイヤルはとても便利です。


スマホのイコライザーは自分が好きなアルバムに合わせて設定し、


必要によってダイヤルで低音を加減したらより楽しい鑑賞になると思います。


 


場所や雰囲気に合わせて直ちに音色を変えられるゼンハイザーのHD630VB


HD630VBは、低音の音量を便利に調節したい方、


強い低音でストレスを解消したい方に合うヘッドホンだと思います。


ではでは、次のレビューでお会いしましょう。









신고

Posted by "http://www.itinology.com"

댓글을 달아 주세요


冷たい風と降りしきる雪の季節…。 いよいよ、冬が訪れました。

冬の日はイヤホンよりもヘッドホンの方が暖かくて有利だと思います。

それに、厚手の服を着ることが多くなりますので無線環境の便利がよく感じられると思っています。 

今日は、こんな環境で使いやすいヘッドホン「ゼンハイザー mm550-x」のレビューです。

まず、mm550-xの機能を調べてからmm450-xと違うところも整理してみます。



ちょっと昔だったら「ソン・ジュンギのヘッドホン」でありますが、

今回は、「セバスチャン・ベッテルのヘッドホン」と呼んでもよろしいですか。

今、ソン・ジュンギさんは軍隊で頑張っていると思います…。ソン・ジュンギさんファイト!

(ベッテルって誰?と思っていらっしゃる方は名前をクリックしてください。)



MM550-Xは、サーカムオーラルタイプ(Circumaural)でデザインされています。

頭と耳が包まれてい安定感もよかったです。



ハウジングの回転範囲もかなり広くて体型に合わせて調節できます。

イヤーパッドも簡単に分離できますのでクッションの交換も難しくないです。

長く使用するためにはメンテナンスの便利さも考慮しなければならないと思っています。
 

  

ムのさは自由調節できますので色なヘアスタイルにも使えます。

使用中にアームが滑らなかったのでとてもよかったです。



ヘッドホンのように複雑な構造になっているものは、カバンに入れるときに少し困ります。

空いている空間に何かを入れることも難しいし、何かに押されて壊れる恐れもありますし…

mm550-xのハウジングは上記の写真のように左右に90°回転が可能です。

また、下記の写真のようにアームも自由に曲げることができますので

ヘッドホンをカバンやポーチに入れるときにとても便利です。

ワイヤレスなのでケーブルの整理もいらないですね。



ヘッドバンドはレザーでデザインされていて「SENNHEISER」のロゴと名前が刻まれています。

レザーの素材が冬に似合いますね。



バッテリーは左のユニットに装着されています。

充電端子はマイクロUSBですのでスマホの充電ケーブルを使用できます。

1つのケーブルでスマホとヘッドホンを一緒に使えますのでとても便利です。




バッテリーを分離することもできますのでバッテリーの交換も便利です。




充電ケーブルを接続するとランプが点灯します。

充電中は赤色で充電が完了すると緑色に変わります。

バッテリーだけを分離して充電すると机に「キレイわ~」という名の平和が訪れます。



色々な操作ボタンは右のユニットにあります。

再生操作はハウジングの正面に、

Bluetooth NoiseGardSRS WOW HD™はハウジングのサイドにあります。


ボタンの間にある端子によって有線環境を作ることもできます。

基本パッケージに含まれているケーブルと変換端子を使用すると

飛行機や電車のヘッドホン端子に接続して使えます。

バッテリーが足りない場合、有線で使用するとバッテリーを節約できます。




BluetoothNoiseGardSRS WOW HD™ のボタンをすとランプが点灯します。

動作状態かりやすく確認できます。






<MM550-X MM450-Xの仕様比較>


MM450-X

MM550-X

Bluetooth

2.1 EDR

2.1 EDR

apt-x

NoiseGard

SRS WOW ™

×

Ear pad

Supra-aural

Circumaural

Weight

105 g

179 g

Active impedance

590 ohm

590 ohm

Passive impedance

100 ohm

100 ohm

SPL

107 dB

107 dB

Frequency response

15 – 22,000 Hz

5 – 22,000 Hz


上記のようにBluetoothapt-xNoiseGard

MM550-XMM450-Xも搭載している機能ですが、

MM550-Xサーカムオーラルタイプ(Circumaural)のイヤーパッドを採用し、

SRS WOW HD™ 機能を搭載しているのがMM450-Xとの違いです。

 

SRS WOW HD™ 機能については「音色」で詳しく説明します。




<音色>

*音色のレビューは筆者の主観的な判断が含まれています。



(1) Normal Mode

MM550-Xの音色は全般的でフラットで

低音部がそっと強調されています。

イコライザーで表現すると以下のようです。


低音は柔らかくてボーカル領域は鮮やかで

速いビットの音楽よりも、バラードに似合う音色だと思います。





特に、ン・シギョンの「君に」によく似合うと思います。

 

ちなみに、アルバムと曲の情報です。 

韓国ドラマ「応答せよ1994」のOST Part 2

原曲はソ・テジの「君に」ですが、・シギョンがリメイクしました。

韓国語では下記となりますのでご参照ください。

「応答せよ1994」→「응답하라 1994

「君」→「너에게

「君に」→「너에게」、「ソ・テジ」→「서태지」、「・シギョン」→「성시경

 




(2) SRS WOW HD Mode

MM550-X SRS WOW HD™ 機能を搭載しています。

この機能を利用して深くて広いサウンド効果が得られます。

 

SRS WOW HD™ の効果によって音色も少し変わります。

特に、低音の深さが深まってNormal Modeに比べて

深くて壮大なサウンドが感じられます。

 

また、ステレオ拡張効果もありますので音がより広く感じられます。

 

イコライザーで表現すると以下のようです。


ボーカルの領域が圧縮されて全体的に落ち着いた感じです。

低音と高音は相対的に強く感じられます。

さらに、60Hz以下の低音も強調されて

深くて重い低音が感じられます。

 

鮮やかな低音と高音、

広いサウンドに変わったSRS WOW HD™の音色は

ロックとメタルに似合うと思います。

 

MM550-Xの特長は無線とNoiseGardの結合だと思います。

さらに、色々なジャンルの音楽をより深くて広い音色に変えてくれる

SRS WOW HD™ の搭載も魅力的だと思います。



バスや電車で音楽を聴いてみると、いつも騒音も一緒に聞こえます。

NoiseGardを通じて周りの騒音を除去したら小さい音量でも快適に音楽を聴くことができました。

 また、最近は厚手の服を着ていてもケーブルがなくてとても便利でした。

音楽も電話もワイヤレスですので手袋やヘッドホンを脱がなくてもいいですので便利でした。

 便利さとキレイなサウンドを日常で感じられるヘッドホンmm550-xでした。

itinology.comのレビューでした。また会いましょう。




신고

Posted by "http://www.itinology.com"

댓글을 달아 주세요