2013年の冬、ソウルで開催されたASUS新製品発表会たノトパソコンです。

ZenbookからZenbook Primeに、そしてTaichiまでつながっているASUSのウルトラブックのラインナップで

UX301L以前のシリズとは々違姿っている2013新型です。

に、インテルの4世代プロセッサのハズウェルを搭載し、

ニングのゴリラガラスでデザインしたところが特長です。




ASUS Zenbook UX301L

特殊ガラスびセラミックで有名なコニングによってされたゴリラガラスは、

スマホやタブレットのユならすでにった経験があるといます。

それは、スマホやタブレットの画面保護してくれるグラスだからです。


20131、コニングCES2013(国際家電ショ、ラスベガス)でゴリラガラス3を発表し、

既存製品べてキズとくなったと説明しました。
 

ニングのゴリラガラスの詳細ここをクリックしてください。


ASUS Zenbook UX301L
は、「タフなのにしい」ゴリラガラス3が

パソコンの画面だけではなく本体にもいられているモデルです
 

 

ASUS Zenbook UX301L

ASUS Zenbook UX301L

UX301L天板たらガラスみたいな材質じることができます。

天井照明天板によって反射されていますね。
 

まるでガラスでられた天板みたいです。

もガラスでサインペンでいてみたらよくかれています。

ハイグロス塗装でも使用すればキズができるし、汚染によってえてしまいます。

でも、ゴリラグラス3でデザインした天板ならがなくなることもあまりないとっています。

ガラスマジックリンをスプレしていたでふきとればわりです。




ASUS Zenbook UX301L

ディスプレイパネルを見ると?

タッチ対応の画面も、キーボードのまわりもキラキラ~

キーボード以外の部分もゴリラガラス3でデザインされていますね。

見れば見るほどきれいです。\(●▽●)

ホットピンクだったら? じぇじぇじぇ!




ASUS Zenbook UX301L

ASUS Zenbook UX301L

本体のサイドを見るとゴリラガラスが入っていることを確認できます。

保護フィルムを貼らなくても大丈夫なくらいキズに強かったです。

一般的な使用環境ならあまり問題はなさそうです。


「もし落としてしまった場合はどうなるの?」と考えている方もいると思っていますが、

ガラスよりも電子回路の破損が深刻だと思っています。

アルミナでデザインされているノートパソコンの場合もかなり深刻でした。

曲げられたMacbook Airを使った経験ありますか。(Д)ふぇ~ん


底面以外の部分はゴリラガラスで処理してとてもキレイです。

キレイさを大切にしている方は眼鏡拭き準備してくださいね。


ずっと使っている際にカリグラフィーの専門家にステキな絵を描いてもらいたいと思いました。

自分でボードマーカーを使用して絵を描きましたが失敗しました。

絵は油性マーカーで描いてくださいね!


 


ASUS Zenbook UX301L

ASUS Zenbook UX301L

ディスプレーパネルに合わせてパッキンが入っています。

ディスプレーパネルとキーボードが接触することが防止されて画面にキーボードの染みが残っていないです。




ASUS Zenbook UX301L

色々なメッセンジャーサービスのためにディスプレーパネルの最上段にカメラとマイクが搭載されています。

13.3インチのタッチ対応のディスプレーパネルは1980x1080解像度までサポートしています。

Windows8.1のユーザーはアップスケール機能で以前よりキレイな画面を見ることができます。

UX301シリーズの中でFull-HD以上の解像度(2560x1440)をサポートするモデルもありますのでご参照ください。




ASUS Zenbook UX301L


ASUS Zenbook UX301L

UX301Lのキーボードです。

ブロックタイプのチクレットキーボードでストロークも浅くないのでタイピングも快適でした。





ASUS Zenbook UX301LASUS Zenbook UX301LASUS Zenbook UX301L

キーボードのボタンにステータスインジケータがあってLEDで状態が表示されています。

スリープモードは電源ボタンが担当しています。



ASUS Zenbook UX301L

バックライトも搭載しています。




ASUS Zenbook UX301L

タッチパッドもガラスの材質みたいです。ガラスのようにキラキラしていますね。

大きいサイズでマルチタッチもサポートしています。

Windows8の新しい操作メニューのチャームバー機能も使いやすいです。





ASUS Zenbook UX301L

タッチパットのサイズです。かなり大きくてWindows8以上のバージョンも大丈夫です。




ASUS Zenbook UX301L

UX301Lを最大に広げてみました。ノートパソコン専用のスタントやクーラーの上でも大丈夫です。



 

ASUS Zenbook UX301L

ヒンジの後ろには小さいプラスチックのパッドがあります。

かなり硬い素材で壊れやすいパーツではないみたいですが、このパーツの役目は?


 


ASUS Zenbook UX301L

カバーを開けた時に本体を支持する役目を持っていましたね。

カバーを開けると自然に本体が上げられます。




ASUS Zenbook UX301L

本体が上げられて得られるのは「冷却の有利さ」です。

パソコンの底面には給気口がありますので机や地面からパソコンの間に空間を確保すると

より安定的な給気ができることです。

特別なことはないですが、長時間使用において無視できない部分と思っています。




ASUS Zenbook UX301L


ASUS Zenbook UX301L

側面ですが、背面から前面にむかってスリムになっています。

このような本体のデザインは1世代Zenbookからずっと変わらないですね。




ASUS Zenbook UX301L

左側には電源、USB3.0miniHDMI、ヘッドホン(マイク兼用)の端子があります。




ASUS Zenbook UX301L

右側にはSDカードリーダー、USB3.0D-SUBの端子があります。

D-SUBLANは別途の変換アダプターが提供されています。




ASUS Zenbook UX301L


ASUS Zenbook UX301L


ASUS Zenbook UX301L

底面が傾斜があるデザインで本体の厚さはEgg(韓国のKTのモバイルルーター)よりも少し薄いです。

地面からの厚さですのでもっとも薄い部分はより薄くなりますね。




ASUS Zenbook UX301L

本体に充電インジケーターがない代わりに電源ケーブルにLEDがあります。

充電中は赤色、充電完了は緑色に表示します。




ASUS Zenbook UX301L

UX301Lの排気口は本体とディスプレイパネルの間にあります。

Zenbookの初期モデルと同じ位置ですが、デザインは少し変わりました。

以前の排気口はより大きい穴だったですが、新型の排気口は網のようなデザインです。




ASUS Zenbook UX301L

茶色の矢印が示しているのが新型の排気口で、左側から右側まで長いかたちで配置されています。

赤い矢印は風の方向を示しています。

2つの冷却ファンが内装されていて熱気の排出も問題なかったです。




ASUS Zenbook UX301L


ASUS Zenbook UX301L

底面を見ると給気口が見えます。並んでいる穴を通して空気が入って、排気口に排出される構造です。




ASUS Zenbook UX301L

ASUS Zenbook UX301L

底面はアルミナですき間なしによく組み立てられました。

側面にスピーカがあって底面にはゴムパッドが付いています。

スピーカの音量は部屋で音楽を聴いたり映画を見たりするために十分によかったです。



ASUS Zenbook UX301LASUS Zenbook UX301L

8時間連続で使用してからキーボードの温度を測定してみました。(キーボードの左右を測定)





そしてタッチパッドの左右の温度です。




ASUS Zenbook UX301L
 

冬なので室内の温度は少し下がっていますが、思ったよりも高くなかったです。

CPUフルロード状態の冷却ファンの音もあまり大きくなかったです。


 



ASUS Zenbook UX301L

UX301Lの仕様です。

4世代プロセッサi5-4200U(キャッシュ3MB、省電力)HD4400のビデオカードを搭載しました。

さらに128GBSSD8GBRAMが含まれています。

最近のウルトラブックに比べても高い仕様ですね。




ASUS Zenbook UX301L

Windows エクスペリエンスインデックスのスコアは5.8です。

グラフィックスのパフォーマンスが一番低いスコアでした。

 

Windows8.1からはパフォーマンスの評価機能が消えてしまいました。




ASUS Zenbook UX301L

デバイスマネージャーで確認しましたが、このモデルはSanDiskSSDを搭載しています。

Windowsでは4個のコアで認識していました。



一週間ぐらい使用していますが、性能は満足しています。

Chrome20個のタブを開けたままで仮想マシンや遠隔操作などの作業をして見ましたが、

足りないことはあまりなかってです。かなり余裕のある作業環境でした。

 

そして、バッテリーの駆動時間です。




ASUS Zenbook UX301LASUS Zenbook UX301L


省電力プランで画面の明るさはもっとも暗いレベルから+1Wi-Fiオン、

Chromeの新しいタブは20個、エクセルシート2個、動画、サーバーにファイル伝送…

上記の環境下で表示された時間です。

充電完了の状態で10時間の予測駆動時間を見て驚きました。

(予測駆動時間は実行していろ作業によって変わります。)


Wordとインターネットの作業では平均8時間30分の駆動が可能でした。

以前モデルよりもバッテリーの駆動時間が1.5倍以上に長くなって外での作業もとても便利でした。

バッテリーの駆動時間が長くなった理由は4世代のハズウェルの搭載と

バッテリーの容量の増加ではないかと思っています。



ゴリラガラスの天板に絵を描いたりイラストシートつけたりして自分だけのスタイルに飾ることもできるし、

バッテリーだけで長い作業ができるASUSUX301Lでした。

「デザインがキレイなノートパソコン」を購入したがるかたに似合うと思っています。

25601440の解像度を持っているモデルも待っています。






Posted by "http://www.itinology.com"

댓글을 달아 주세요