ASUS_2015_Transbook


今年の4月にあったASUS新製品発表会で初めて見たTransBook Chiシリーズです。

その後、T90T100T300ChiシリーズとUX305ZENBOOKをレビューしながら

製品のあれこれを調べて見ました。


ASUS Transformerbook chi T90 T100 T300ASUS Transformerbook chi T90 T100 T300ASUS Transformerbook chi T90 T100 T300

左から順にT90 ChiT100 ChiT300 Chi


偶然ですが、2in1タブレットPCを連続でレビューすることになりました。

途中に他の製品のレビューが重ならなかったからナイス!

日常的な業務で使ったのでモデル別の違いが感じられました。


今回は、各々のタブレットPCを使いながら感じたことをまとめたストーリです。

最近は、2in1タブレットPCが注目されています。

去年に比べて広告も増えているし、新たに発売したモデルも増えています。

タブレットとキーボードの分離ができるためタブレットだけでも

キーボードを合体させてノートPCとしても使えます。

この小さい違いが思ったより便利です。

それほど、ユーザーの用度に合わせて多様な選択が可能になりました。

タブレットPCがユーザーの環境に一歩近づいたのでしょうか。




「3つのタブレットPCの違いは?」

1.画面サイズと解像度の違い

タブレットの画面サイズは使用環境に大きい影響を与えている要素です。

画面が大きくなるほどスマートデバイスは相対的に重くなり、

移動性に影響を与えてしまいます

逆に画面が小さくなるほどデバイスは軽くなりますが、

作業スペースが狭くてスワイプ操作が多くなるし、

相対的に小型のバッテリーが入ることなど短所もあります。

そのため、小さくて軽いものが必ず良いとは限らないとおもいます。

さらに画面解像度も考える必要があります。

画面のピクセルの数を意味している解像度は数値が高いほど細かい表現が可能になります。

したがって画面サイズと解像度を考慮したうえで選択するとタブレットをより快適に使えます。


T90 chiは、8.9インチ (1280 X 800)

T100 chiは、9.8インチ (1920 x 1080)

T300 chiは、12.5インチ (1920 x 1080)

UX 305は、13.3インチ (1920 x 1080)


画面サイズが小さくても解像度が高い場合もあるし、

画面サイズが大きくても解像度が低い場合もあります。

同じ画面サイズでも解像度が異なるため、タブレットの使用を確認する必要があります。

小さい画面でも多いピクセルが入っていたら綺麗で細かい表現を経験できますが、

文字が小さくなって読みにくくなる場合があります。

それで、125%や150%に拡大して使う場合が多いと思います。



2.CPUとグラフィックスの違い

各々のデバイスが搭載しているCPUは「Intel ATOM Bay Trail」や「Intel Core M」です。 

現在のATOM Bay Trailは、旧世代のATOMに比べてとても優れているので

日常的な作業は問題ないと思います。

つまり、ネットサーフィンやフルHD級高画質の動画を再生するには十分であること。

とはいえ、負荷がかかる作業の場合はシャットダウンまではないが、動作が重感じられます。

CPUに負担がかかる作業では不利であるし、

CPUが開発された背景が省電力と移動性にあること考える必要もあります。

一方、最近に発売されたIntel Core Mは負荷の余裕があります。

日常的な作業はもちろん4K級の動画の再生やエンコーディング、

CPUに負荷がかかる作業も軽く駆動させる力があります。

その上、ファンがなくてもいいぐらいのクーリングシステムで静かであるし、

省電力なのでバッテリーの使用可能時間もかなり長いです。

ATOMCore Mも、省電力にフォーカスを置いているタブレットやスマートフォンのために

開発した製品なので消費電力は旧世代の製品にくらべて低いです。

特にCPUの作業状況にしたがってバッテリーの予想残り使用時間が素早く変わることから

作業状況のモニターリングと電力管理が適切に行われていると思われます。

簡単なネットサーフィンやオフィスワークの場合はより長く使えます。

ちなみに、ATOMCore Mを比べるとCore Mの方が性能が高いです。


次はグラフィックスの性能です。

ATOMCore M、2つともCPU内蔵のグラフィックスです。

CPUの中にグラフィックスのチップセットが含まれているので

別途のグラフィックカードは必要ありません。

ATOMHD GraphicsCore MIntel HD Graphics 5300を搭載しています。

両方、日常的な作業には十分。

4K級の動画も再生できるし、YouTubeで遊ぶことも問題なかったです。

でも、ゲームのようにグラフィックスの性能が必要な作業では多少無理があります。

ゲームの駆動はできますが、場合によって忍耐力を必要とします。

オプションを変更しても満足できるパフォーマンスを得るのが難しいです。

それは、CPUの開発背景による特性と限界があるためです。



「どう選んでどんな用途に使うのか?」

それでは、「タブレットをどう選んでどんなに使うのか?」という、元々の主題に戻ります。

「どんなタブレットがいい?」よりも「自分に合うタブレットはどれ?」を

考えなければならない時代になりました。

それほど、多様な種類と性能のデバイスが販売されています。

3つの2in1タブレットPCを使いながら感じた特長はOSとしてWindowsを使っていることです。

iOSAndroidでもMS Officeを使えますが、

より便利に使えるプラットフォームはWindowsではないかと思っています。

「使える」または、「対応可能」の意味が「全ての機能を完璧に提供する」ではないため、

MS OfficeだけでもWindowsタブレットを選べる長所になると思います。

Windows10ではユーザー設定を同期することもできるためより便利に使えます。

また、Cherry TrailATOMにアップグレードしたら性能の向上も期待できます。

 

一方、キーボードドックの材質を少し変えたらどうだろうかと思います。

T90 Chi以外のモデルのキーボードドックは本体と同じ材質のアルミナです。

統一感や製品の仕上げのようなデザインの要素としては良いですが、

キーボードという役割の比重に比べて少し重い感じです。

より軽い材質に変えたらどうだろうか。

T90 Chiのようなプラスチックも良いし、最近流行っているファブリックも良さそうです。

 

ちなみに、タブレットとキーボードドックを分離して使うことを想定して

タブレットにキックスタンドを追加し、キーボードドックは他のスマートデバイスも

置かれるようにしたらどうだろうかと思います。


以下のグラフは、3つのTransBook Chiシリーズを比較して各々の長所を整理したものです。

デバイス別のメリットとどんなユーザーに合うのか調べてみましょう。


ASUS Transformerbook chi T90

外で使う場合が多いし、動画や音楽のようなメディアコンテンツの消費量が多いユーザー


9インチの画面は移動性のために有利ですが、

1280*800の解像度は少し足りないという気持ちもありました。

Micro USBタイプの充電端子は意外と便利でした。

(出張時にアダプターが1個減ったのが嬉しかったです。)

 

画面の割合は動画を観賞したり音楽を聴いたりするときはピッタリですが、

縦の方が少し短くて文書作成の際にはスクロールが多くなりました。


軽くて画面の割合が動画を観賞するに便利でした。

Eメール、ネットサーフィン、オフィスワークで活用度が高くて使いやすいです。



ASUS Transformerbook chi T100

外で使う場合が多いし、コンテンツの消費が70%、生産が30%のユーザー


外で使う場合が多くてコンテンツの消費が70%、生産が30%のユーザー

画面は小さいですが、解像度が高くて作業スペースに余裕があります。

フルサイズに近いキーボードのためタイピングが多い作業でも大丈夫です。


分離したタブレットの横にA4サイズの文書やノートパッドを置いて作業すると

視野の内に入ってきて使いやすいです。

デスクトップやノートPCとともにサブマシンとしても活用できそうです。




ASUS Transformerbook chi T300

コンテンツの生産が多いし、限られたスペースで色々な作業をするユーザー


Core Mなのでメインデバイスとして使っても動作の重さはあまり感じられなかったです。

分離できるキーボードドックも良かったし、フルサイズなのでタイピングも円滑にできました。

キーボードドックと合体した時の重量は、ノートパソコンからみれば軽いですが、

タブレットからみれば少し重いですね。

業務用や個人用のメインデバイスはもちろん様々な用途で使いやすいです。


どんなタブレットを選べれば良いかヒントになりましたか。

ではでは、またレビューでお会いしましょう。



신고

Posted by "http://www.itinology.com"

댓글을 달아 주세요